今夜はレストランで食事しよう!~私的ファミレス情報まとめ~

ジョナサン

ジョナサンJonathan's)は、株式会社すかいらーくの傘下企業、株式会社ジョナサンJonathan's co.,Ltd)が運営する都市型ファミリーレストランチェーン。

レストラン事業「ジョナサン」を運営し、東京、茨城、千葉、埼玉、神奈川、山梨、静岡の都心部を中心に2011年11月現在、店舗数は317店で展開中である。

概略

1970年代後期、当時のすかいらーくが多角経営・新しいコンセプトの都市型レストランとして、海外のレストランチェーンとの業務提携を検討し、当時のレストラン事業の最先端ノウハウ・メニュー開発・店舗運営の導入先をアメリカのコーヒーショップタイプレストラン・サンボ社(en:Sambo's)として提携、同社と共同出資を行い1979年、株式会社サンボ・ジャパンを設立。

新店舗オープン直前に提携先のサンボが倒産、提携先の消滅により急遽自社ブランドでの立ち上げを余儀無くされて商号を、「株式会社ジョナス」に変更(後に1996年ジョナサンに商号変更)・店舗名称をジョナサンとして1980年に新店舗をオープンと、紆余曲折の上での誕生であった。

オープン当時は提携先予定のサンボのコンセプト通り、コーヒーショップとして「ハンバーガー、ワッフル、コーヒー」関連のメニュー構成だったが、1980年当時、消費者にこのメニュー内容は受け入れられず数年の間営業的に苦戦の時期が続く。コーヒーショップ・軽食コンセプト重視からの変更、ファミリーレストランタイプの幅広いフルラインメニュー構成重視へ事業戦略が改められた。食材鮮度を重視、接客サービスの向上、清潔な店舗の原点を徹底させた結果、集客率・利益率は好転し、ジョナサンのコンセプトは消費者に支持され、首都圏地域への都市型店舗ドミナント出店、拡大路線は1990年代後期まで続けられた。

2006年現在、ジョナサンは新業態レストラン・ベーカリー事業などの試み、東京都内のジョナサン店舗を活用したネットオーダーシステム・デリバ リー事業「デリボーイズ」分野への進出、ジョナサン店舗の都心部への出店推進など、消費者ニーズ・時代に合ったレストラン運営への再構築、カフェスタイル のカジュアルイタリアンの料理を主力としたメニュー開発を行なっている。

メニュー・店舗の特徴

  • すかいらーくと同様にセントラルキッチンを 駆使して下味調理加工の上、店舗でマニュアルに従った調理を行っている。一時期、冷凍食材の採用を多用した時期も有ったが、現在では必要最低限な種類の使 用に留めて、鮮度重視・店舗へ食材配送の回数を増やすなど「ジョナサンのこだわり・鮮度食材の強み」を生かした対応を行っている。
  • ジョナサン店舗内にて、お米の販売や果物、有機野菜まで販売するなど、「ジョナサン自信作の食材」として利用者へのアピールは現在も不定期ではあるが、実施している。
  • ジョナサンのドリンクバーは、すかいらーくグループとほぼ同様の内容で提供している。コールドのアイスティー、アイスウーロン、アイスコーヒーから、コーラなどの炭酸類、ホットのダージリンティー、アップルティー、ローズヒップティーなどのティーパック類も数種類用意され、ドリンクバーコーナーで利用出来る。ホットのティーパック類はジョナサンストアで同じ物が購入可能である。
  • ジェイズガーデンではティーバーを採用し、その名の通り16種類の紅茶を常備する。従来のコールドドリンク・コーヒーを出す設備も併設されている。
  • パフェについては一般的にはアイスクリーム及び隙間やトッピングに生クリームを用いるが、ジョナサンでは両方とも用いずに全てソフトクリームを利用したものを提供している。
  • 2006年11月中旬から、割り箸を廃止。代わりに洗浄して再利用できる、PBT樹脂の箸を採用した(ディナーナイフやフォークと一緒に籠に人数分入れてある)。
  • すかいらーくグループのほとんどの店舗ブランドが対応しているTポイントに対応していなかったが、2012年2月1日より対応。

(株)ジョナサン運営の事業

レストラン事業

  • ジョナサン - ファミリーレストラン 317店舗

ベーカリー事業

  • ジョナサンブレッド - 「ベーカリー」新座東店・下赤塚店の2店舗。全店がジョナサン店舗併設店として作りたてパン「ジョナサンブレット」を展開している。パンを店内メニューアイテムで食事、又はテイクアウト商品で購入出来る。

デリバリー事業

  • デリボーイズ - ネットオーダーシステムを活用、東京都内のジョナサンの店舗が中心となって料理の宅配。(コールセンター運営 - 株式会社イフ)

ネット通販事業

  • ジョナサンが店舗で使用する食材をWebサイトの「ジョナサンストア」で販売。主に店舗で使用している食材・ドリンク・調味料類の通販事業。

沿革

  • 1979年 - 5月、アメリカのサンボ社と提携、株式会社サンボ・ジャパンを設立
  • 1980年 - 1月、提携解消の為、株式会社ジョナスに商号変更
  • 1980年 - 4月、「ジョナサン」1号店として、練馬高松店オープン
  • 1986年 - 8月、店頭市場に、株式公開
  • 1987年 - 11月、100号店オープン
  • 1988年 - 7月、昭島物流センター開設
  • 1991年 - 10月、ジョナス本部新社屋完成
  • 1996年 - 4月、商号をジョナサンに変更
  • 1997年 - 4月、200号店オープン
  • 2000年 - 8月、300号店オープン
  • 2003年 - 9月、焼きたてベーカリー「ジョナサンブレッド」を ジョナサン新座東店に併設
  • 2004年 - 7月、株式会社すかいらーくの100%子会社となる
  • 2005年 - 「スカイラークガーデンズ」が株式会社すかいらーくより移管、株式会社ジョナサンが運営
  • 2005年 - カジュアルレストラン「ジェイズガーデン」1号店オープン
  • 2009年 - 12月、「ジェイズガーデン」を全店舗閉鎖し、「ジョナサン」または「おはしガスト」、「ガスト」に業態転換
  • 2010年 - 5月、本格焼肉の食べ放題「旨っカルビ」1号店オープン
  • 2012年 - 2月1日、他のすかいらーくグループの店舗と同時にクレジットカード・電子マネーの利用開始。同日Tポイント対応開始

メニュー・店舗の特徴

  • すかいらーくと同様にセントラルキッチンを 駆使して下味調理加工の上、店舗でマニュアルに従った調理を行っている。一時期、冷凍食材の採用を多用した時期も有ったが、現在では必要最低限な種類の使 用に留めて、鮮度重視・店舗へ食材配送の回数を増やすなど「ジョナサンのこだわり・鮮度食材の強み」を生かした対応を行っている。
  • ジョナサン店舗内にて、お米の販売や果物、有機野菜まで販売するなど、「ジョナサン自信作の食材」として利用者へのアピールは現在も不定期ではあるが、実施している。
  • ジョナサンのドリンクバーは、すかいらーくグループとほぼ同様の内容で提供している。コールドのアイスティー、アイスウーロン、アイスコーヒーから、コーラなどの炭酸類、ホットのダージリンティー、アップルティー、ローズヒップティーなどのティーパック類も数種類用意され、ドリンクバーコーナーで利用出来る。ホットのティーパック類はジョナサンストアで同じ物が購入可能である。
  • ジェイズガーデンではティーバーを採用し、その名の通り16種類の紅茶を常備する。従来のコールドドリンク・コーヒーを出す設備も併設されている。
  • パフェについては一般的にはアイスクリーム及び隙間やトッピングに生クリームを用いるが、ジョナサンでは両方とも用いずに全てソフトクリームを利用したものを提供している。
  • 2006年11月中旬から、割り箸を廃止。代わりに洗浄して再利用できる、PBT樹脂の箸を採用した(ディナーナイフやフォークと一緒に籠に人数分入れてある)。
  • すかいらーくグループのほとんどの店舗ブランドが対応しているTポイントに対応していなかったが、2012年2月1日より対応。
おいしいレストラン情報
プレミアムレストラン検索
今晩は外食したい貴方へ
Copyright (C) 2012 qvel.jp All Rights Reserved

おすすめ情報