今夜はレストランで食事しよう!~私的ファミレス情報まとめ~

びっくりドンキー

びっくりドンキーは株式会社アレフが展開する全国チェーンのハンバーグレストラン。

創業は1968年(昭和43年)12月。設立は1976年(昭和51年)7月。

沿革

1968年12月に「カウベル・カンパニー」により岩手県盛岡市大通に「ハンバーガーとサラダの店・ベル」というレストランがオープンした。これがびっくりドンキーの前身である。

  • 店舗入口には外ドアをあけると7人の小人が飾ってあったが盗難にあった。1人減った時点で「○○はお花を摘みに出掛けました」(○○には「ねぼすけ」等名前が入る)、その後「○○は××をさがしにゆきました」等の看板で対応し、家庭的な雰囲気や細やかな心遣いと夢のある対応で評判を得る。
  • オープン記念にハンバーガー無料の広告を出したので、店の前は大行列と交通渋滞がおきたと言うエピソードがある。

1971年に社長の庄司昭夫はマクドナルド日本進出の噂を聞き、ハワイのマクドナルドを視察。最先端のハンバーガーショップを目の当たりにし敵わないと感じた庄司はハンバーガーから日本人を意識したハンバーグ定食に転換。

  • ハンバーグ・パン・野菜で1つのハンバーガーに対し、ハンバーグ・ごはん・サラダを1つとしたお馴染みのディッシュメニューの原型ができた。

1981年に本社を北海道札幌市に移す。1983年『びっくりドンキー』へ屋号を変更。

  • 「びっくり」とは客へのインパクトからで一例として大型メニュー表や店舗ごと大きく異なる内・外装の採用を、「ドンキー」はマクドナルドがサラブレッドの存在であれば自社はロバという比較で着実にゆっくり進むという意味合いから名付けられた。
  • それ以前の一時期「ドナルドダック」という名の屋号を使っていたことがあったが、ウォルト・ディズニー・カンパニーの商標であることにより使用をやめた。
  • ロゴは庄司昭夫がデザイン。ミニ看板や照明の傘等店内の装飾品も自ら制作した物が直営店には数多く存在する。また趣味がドラム演奏であり、ドラムセットがある自宅のガレージが店内装飾品の工房になっている

ほぼ同時期に福島県郡山市および静岡県富士市に出店。

1985年頃から北海道地区と近畿地方を中心にフランチャイズ展開し、ローストビーフ専門店の金鉱スタイルレストラン「ハーフダイム」などもオープンした。

1987年に社名を「アレフ」に変更。全国展開を強めていった。

  • 2011年10月現在では鳥取県・島根県・山口県・徳島県の4県が未出店。

他社の閉鎖店舗を利用して出来る限り手を掛けずに出店するローコストオペレーション戦略の関係から、その一風変わった店舗外観は他のファミリーレストランとは一線を画している。2011年3月からはショッピングセンターのフードコート内店舗の展開を開始た。

北海道伊達市に専属契約牧場を持つほか、小樽市では地ビールの醸造・販売をはじめ関連グループ企業により他事業の経営も行っている(詳細は後述)。

近年は環境事業にも力を入れ日本政策投資銀行より外食業界で全国初の環境格付最上位ランクの指定を受けた。北海道工場は2008年6月に北海道省エネルギー・新エネルギー促進大賞で「省エネルギー大賞」を受賞。

なお株式会社アレフは宗教団体のアレフ(旧・オウム真理教)とは一切関係がない。

商品

ハンバーグを中心に近年はサイド・ドリンクメニューの充実が図られている。またデザート系を中心に商品のネーミングは特徴的なものが多い。

ハンバーグ
  • フォークとナイフで食べるのが一般的なのに対し、肉質がやわらかいので箸で食べるのが特徴。出される時に店員から説明があるが、北海道および富山県の店舗では説明は行っていない。
  • 大別して大きい皿1枚にハンバーグ・ライス・サラダが一緒に盛り付けてあるディッシュ。パレット型ステーキ皿にフライドポテト・コーンガロニ・ハンバーグが盛り付けられるステーキの2種に分類。さらにチーズ・エッグ等トッピングにより細分化される。
びっくりコーラ
  • その名の通り巨大コーラ500ml。トロフィーのような巨大グラスで提供されカップルで飲む客が多かった。びっくりドンキーの目玉ドリンクであったが、庄司昭夫社長の「糖分が多すぎお客様の健康に良くない」という配慮から隠れメニューとなり、その後廃止された。
メリーゴーランド
  • 一番人気のパフェである。その大部分がソフトクリームであるが、手頃な値段で圧倒的な人気を誇る。ソフトクリームの下には白玉が入っているのが特徴である。トッピングとしてポッキーとチョコチップクッキーが刺さっており、ソースはブルーベリー・マンゴー・イチゴの3種類。通称「メリゴ」「メリー」。数年前まで白玉の代わりにコーヒーゼリーも選べたが廃止になった。
シーハーハーサラダ
  • レタス・白菜・アスパラガスを使用したレタスミックスの上にカットしたトマト・カニかまぼこ・ベルギーチコリ・アスパラガスが乗ったサラダ。上にはソイドレッシング、胡椒、ベーコンビッツがかかっている。ソイドレッシングは店頭販売もしている。

びっくりドンキー関連商品

びっくりドンキーカレー200g (レトルト)
  • 家庭で楽しめるように市販用として開発。厳選したオリジナルスパイス(30種類以上)を使用したスパーシーなカレーで契約農家の厳選した牛肉の粗挽きを使用しコクがあり深い味わいが特徴。
びっくりドンキーハヤシ180g(レトルト)
  • 家庭で楽しめるように市販用に開発。契約農家の牛肉を赤ワインでじっくり煮込み、マイルドでくせのない深みのある味わいが特徴。
びっくりドンキーマヨネーズタイプ300g
  • ハンバーグデイッシュの大根サラダに使用しているマヨネーズ。
びっくりドンキーソイドレッシング200ml
  • シーハーハーサラダに使用しているドレッシング。
びっくりドンキー白菜キムチ300g
  • 「びっくりドンキーThe Uljin」として売り出している。キムチの特徴である辛味・甘味・酸味・塩味・苦味の五味を有し本場韓国の味を再現している。

事業

2012年9月1日現在で直営139店・フランチャイズ187店の計326店舗を展開する。

アレフが直営する店舗・事業

  • ハンバーグ専門店「びっくりドンキー」
  • 「ベル」
  • 同社発祥の店でびっくりドンキーと同メニューで営業。
  • ローストビーフ専門店「ハーフダイム」
  • 川越店
  • イタリアン専門店「ペペサーレ」
  • 西町店・石山通り店・旭川店・帯広店
  • ビアパブ「小樽倉庫No.1」「ライブシュパイゼ」「BEER HORN」
  • ステーキハウス「43°」
  • 画廊喫茶「うみ・かぜ・未来」
  • 小樽ビールの製造販売

グループ企業による店舗・事業

えこりん村(北海道恵庭市)

  • 「銀河庭園」
  • 「森のレストランTen-Man」
  • 「花の牧場」
  • 窯焼きピザと手打ちパスタ「らくだ軒」

デリシャス(株)(北海道札幌市豊平区月寒東)

  • 輸入雑貨の店「ナニコレ貿易」北野通り店
  • 「ニセコアンヌプリ温泉湯心亭」

(株)牧家(北海道伊達市)

  • 牧場経営ならびに乳製品・肉製品の製造および販売
  • 洋麺茶屋「牧屋」
  • bocca北野店

(株)オリエントジオサービス(北海道札幌市南区川沿)

(株)サイプレス(北海道札幌市手稲区稲穂)

  • 「自然庵」豆腐の製造販売とびっくりドンキー商品等を販売

過去の店舗・事業

生活雑貨の店「小樽運河 いやはやなんだ館だあった蔵本店」

  • 2005年閉店

中華レストラン「十夜一夜」

  • 2006年閉店

レストラン「天空回廊」

  • 2009年閉店

ハンバーグ丼専門店「どんぶりドンキー」靖国通り店(東京都新宿区新宿2丁目)

  • 2008年11月3日開店 2010年8月31日閉店

工場

  • 北海道工場 - 北海道恵庭市
  • 岩手工場 - 岩手県盛岡市
  • 福島工場 - 福島県伊達市
  • 埼玉工場 - 埼玉県さいたま市岩槻区
  • 大垣工場 - 岐阜県大垣市
  • 大阪工場 - 大阪府摂津市
  • 福岡工場 - 福岡県糟屋郡粕屋町
  • ビール醸造所 - 北海道小樽市
  • 珈琲ローストファクトリー - 北海道沙流郡平取町
おいしいレストラン情報
プレミアムレストラン検索
今晩は外食したい貴方へ
Copyright (C) 2012 qvel.jp All Rights Reserved

おすすめ情報